製品情報

天然ゴム系積層ゴムアイソレータ

天然ゴム系積層ゴムアイソレータ

地震の揺れを吸収する
クラシキ積層ゴムアイソレータ

  • カタログダウンロード
  • 図面・選定表ダウンロード

※図面・選定表の閲覧にはログインが必要です。

積層ゴムの構造

積層ゴムの構造イメージ

積層ゴムアイソレータは建物荷重を支持し、地震時には水平方向に柔らかく変形することで、地震力の建物への伝達を軽減する役割を担う重要な製品です。
ゴムと鋼板を交互に積層し、金型にセットして成形します。製造工程の重要ポイントでは
さまざまな検査を行い、製品の品質を保証しています。

製品性能

中間鋼板露出型の優位性

クラシキ積層ゴムアイソレータは中間鋼板が側面に露出した中間鋼板露出型です。
さらに、中心孔が無く、高面圧でも安定した性能を発揮します。

中心孔無しの強い構造

クラシキ積層ゴムアイソレータの構造は、中心孔無しの増強構造。
当社独自の開発技術で中心孔を必要としない積層ゴムアイソレータの生産を実現しました。
中心孔が無い積層ゴムアイソレータは、軸が強く、高面圧でも優れた性能を発揮します。そのため、安定した復元力を維持することが可能であり、積層ゴムが大変形した場合も、座屈しにくい構造となっています。

高純度天然ゴムによる信頼性

クラシキ積層ゴムアイソレータに使用されている高純度の天然ゴムは、特定のプランテーションから品質の安定した原料のみを厳しい検査体制のもとに輸入して使用しています。

シリーズ別仕様

免震構造物の周期を長くするためには、(1)積層ゴムのばね定数を低くする、(2)積層ゴムに載荷する荷重を高くすること、すなわち積層ゴムの面圧を高くする2つの方法が考えられます。しかしながら、積層ゴムの面圧高くするには限界があります。そこで、当社では異なる4種類のばね定数の積層ゴム 高面圧仕様のNB45、NB40シリーズと低弾性仕様のNB35、NB30シリーズを用意しており、構造物の長周期化を実現します。

低弾性シリーズ

  • NB30シリーズ G0.29
  • NB35シリーズ G0.34

高面圧シリーズ

  • NB40シリーズ G0.39
  • NB45シリーズ G0.44